「いつかブログでお金を稼げるようになりたい・・・!」と、苦戦しながら立ち上げたブログ。

そんなブログ初心者にとって、 まずは突破したい壁が「グーグルアドセンスへの合格」ですよね。

とは言っても、「どうすれば合格するのか?」「どういうブログサイトがグーグルに気に入られるのか?」など、わからないことだらけだと思います。

 

わたしもブログを始めたとき、たくさんのブロガーさんの経験談を元に手探りでアドセンス合格を目指しました。

そして、 そんなわたしでも約2週間半・計6記事でアドセンスに合格することができました

 

このブログ記事では、「当サイトのアドセンス合格までの状況」と、「記事を書くときに気をつけていた3つのこと」を紹介します。これからブログを始める方や現在アドセンスの審査に苦戦している方のお手伝いができれば幸いです。

 

ブログ設置からアドセンス合格まで

 

合格までの期間

私がブログを始めたのは、2018年8月30日でした。

そこからアドセンスを申請したのは9月6日。合格通知を受け取ったのは、9月18日でした。

ブログ設置から19日(約2週間半)で合格することができました。

 

合格までの記事数

アドセンスを申請した時点で記事数は5つでした。

そして申請後、もう1記事更新しました。

そのあと合格通知がくるまでの10日間ほどはほとんど記事を書きませんでした(^^;)

 

プライバシーポリシーの設置やアクセス数

アドセンス合格について調べていたところ、「どうやらプライバシーポリシーとやらを設置した方が良いらしい。ということに気づいたわたし。なんかよく分からないけど、見様見真似で設置してみました。

 

参考にさせていただいたブログサイトさんはこちら→Liberty-Life-Blog【コピペでOK】プライバシーポリシーの書き方|AdSense・Analytics対策

 

アクセス数やPV(ページビュー)数は、ぶっちゃけほぼ0でした。

ツイッターなどのSNSを利用していたので、そこからチラホラっと訪問はありましたが、当時私のブログを見ていたのは、ほぼ自分だけだったと思います(笑)

 

【おそらくこれが勝因】記事を書くときに気をつけていた3つのこと

 

ここまで読んでいただいてお気付きのように、アドセンス合格当時のわたしのブログはとてもショボいものでした。

・記事数少ない

・PV少ない

・Wordpressの無料テーマを使用

・サイトの見た目ぐちゃぐちゃ・・・

 

では、なぜこんな状態でアドセンスに合格できたのでしょうか?

 

自分なりに分析した結果、 勝因は「記事の内容」だったのではないかと思います。

アドセンス合格までの6記事を書くとき、具体的にこの3つを気をつけていました。

 

  1. 読者に何を提供できるか考える。
  2. 記事数にこだわらず、ていねいに記事をかく。
  3. 過程を楽しむ。

 

読者に何を提供できるか考える。

 

個人的に、アドセンス審査で見られている点はこのようなものだと思います。

「読者の為に有益な情報を伝えられているかどうか」

「役立つ情報を提供しようという姿勢があるかどうか」

 

これは、「Googleが掲げる10の真実」のひとつ目にも書かれています。

 

 

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

「Googleが掲げる10の真実」」より

 

 

インターネット上に星の数ほどある情報を整理し、価値のあるものをユーザーに提供したいと考えているGoogleにとって、記事の内容は見逃す事のできない大切な要素です。

 

もちろん、最初から100%読者のためになる記事を書くのは難しいと思います。

ブログを始めたばかりの頃は、文章を書くこと自体に慣れていない人が多いので、どうしても独りよがりな内容になってしまったり、読んだ人が何を求めているのか想像できなかったりすると思います。

 

でも、そんなブログ初心者でも、 「有益な情報を発信しようと努力する」ことはできると思います。

 

具体的にどうするかというと、

  • 記事を書く前に、どんな人が読んでくれるか想像する。
  • その人の問題を解決してあげることを意識して記事を書く。
  • 書き終わったら見直しをして、読みにくくないかどうか確認する。


書く前・書いているとき・書き終わった後にこれを意識するだけでも、あなたの記事は世界の誰かにとって有益なものとなるはずです。

 

今の時点で完璧な記事が書けていなくても大丈夫。

アドセンスの審査をする人はおそらくGoogleのプロ(?)ですから、大切なことをきちんと意識していれば、今後のあなたのブログの発展を予想して、期待を込めて合格通知を出してくれると思います

 

記事数にこだわらず、ていねいに記事を書く。

 

今回6つという少ない記事数でアドセンスに合格できた勝因は、「ひとつひとつの記事を丁寧につくった」ことにあると思います。一言でいうと、「量より質」ということです。

 

ここでまた「Googleが掲げる10の真実」のひとつを紹介します。

 

2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

Google は検索を行う会社です。検索問題を解決することだけに焦点を置いた世界最大級の研究グループを有する Google は、自分たちにできることが何か、それをもっとうまくやるにはどうすればいいかを知っています。複雑な問題も反復に反復を重ねて解決し、すでに膨大なユーザーが情報をすばやくシームレスに検索できているサービスに対しても、絶え間ない改善を続けています。検索分野で培った技術は、Gmail、Google マップなどの新しいサービスにも応用されています。Google では、他の分野でも検索技術を活用することで、ユーザーが生活のあらゆる面においてさまざまな情報にアクセスして利用できるよう努力を続けています。

「Googleが掲げる10の真実」より

 

ここからわかることは、「大量に役に立たない記事があるブログ」よりも、「少量だけど有益な記事があるブログ」がアドセンス合格に有利だということです。

 

「丁寧に記事を書く」と言っても、ベテランブロガーさんたちのように100点の素晴らしい記事を書く必要はありません。

ひとつひとつの記事を書くときに、その時もっている知識や技術を総動員して書けばよいのです。

 

実際、合格当時の私はブログについての知識もほとんど無く、いま読み返すと恥ずかしくなっちゃう記事ばっかり書いていました。それでも、ひとつひとつの記事を書くときには真剣に悩み、 「1記事闘魂」という感じで必死に書いていました。

 

ちなみに、ブログで成功されている人たちが、ツイッターなどで「まずは100記事!話はそれから!」というように、記事の量を増やすことをオススメしている場面がよくあります。

ただし、これは「記事を増やすこと」を推奨しているのではなく、「記事をたくさん書くことによって質を高めること」を推奨しているのだと思います。

ここを勘違いしてしまうと、「記事を書くこと」が目的になり、大切な「有益な情報を発信すること」がおろそかになってしまいがちです。

 

どんどん書いて記事数を増やしたい気持ちもよくわかりますが、 まずは目の前の記事に集中すること。

これで最終的にはグーグル先生に気に入ってもらえるはずです。

 

過程を楽しむ。

最後に、「記事を書くことを楽しんでいたこと」も勝因として挙げておきます。

アドセンス合格当初のわたしは、何も知識が無いゆえに、記事を書くことだけに集中して楽しんでいました。

そのことが、結果的に「Googleが掲げる10の真実」に近い内容の記事を作成することつながったのだと思います。

 

ブログを始める目的は、人によっていろいろあると思います。

「不労所得を稼ぎたい」とか「自分の意見を多くの人に知ってほしい」とか・・・。

そしてこの目的を達成するために、初心者ブロガーは一心不乱に記事を書いたり、検索上位になるためのテクニックを調べたり、インフルエンサーに絡んだりと、いろいろ工夫をはじめます。

その結果、見事目的を達成する人もいますが、 多くの人がゴールにたどり着く前に精神的に消耗してしまっている気がします。

 

ゴールにたどり着きたいあまり、その過程を楽しめていない初心者ブロガーがたくさんいるのです。

記事を書くことが楽しめなくなると、記事の質が落ちて、PVも落ちて、結局ブログをやめる・・・そんな結果になりかねません。

 

ブログをはじめるといろいろな新しい知識が舞い込んできますが、それらに振り回されることのないよう意識的に制限することをおすすめします。

あくまで楽しみながら、自分のペースで成長していけば、いつかゴールにたどり着くはずです。

アドセンス合格のため、 焦らず楽しんで質の高い記事を書くことを心がけましょう!

 

【おすすめ】「Googleが掲げる10の真実」を読んでみる。

 

これからアドセンスの合格を目指しているひとは、グーグルの求めているブログサイトの質を知っておくといいでしょう。

実際に「Googleが掲げる10の真実」を全て読んでみることをおすすめします。

そのなかで、自分なりにブログでいかせそうなポイントを再確認してみてください。

 

まとめ

 

わたしの経験を振り返ると、アドセンス合格のためには、ブログ開設からの日数や記事数、サイトのクオリティーは関係ありません。

 

その代わり、記事を書くときに

 

・読者に何を提供できるか考える。

・記事数にこだわらず、ていねいに記事をかく。

・過程を楽しむ。

 

このことを気をつけてみてください。

 

これからブログを始める方や現在アドセンスの審査に苦戦している方の一助になっていれば幸いです!

それではまた(^^*)

1 のコメント

  1. ピンバック: アドセンス審査に記事数は関係なし!10記事未満で合格した人の情報・共通点まとめ|アドセンスで稼いで副業ニートになる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です