こんにちは!

先日、友人を訪ねてノルウェーに行った際に訪れた、

世界一大きなジンジャーブレッドタウンの様子をご紹介します♫

 

 

薄暗い室内に輝く建物の数々。

 


実はこれ、ぜーんぶお菓子でできているんです!

地元民なら必ず知っている毎年恒例のジンジャーブレッドタウンの展示会。(ノルウェー語でPepperkakebyen)

クリスマスシーズンのみの限定開催なので、観光客は意外と知らない人も多いかも?

 

そんな大人も子供も楽しめちゃうジンジャーブレッドタウンの情報や様子をご紹介していきます♫

 

 

どんなイベントなの?

 

【イベントの概要】

 

*時間や詳しい日程はベルゲンの観光サイト公式Facebookをチェック。

**2019年1月6日現在、1ノルウェークローネあたり12.60円。

 

幻想的な光で溢れる世界一大きなジンジャーブレッドの街。

実は全て、 地元の学校や幼稚園、企業などが毎年作って寄付しているそうです。

ちっちゃなお家や車、電車、船、駅、橋などで、ベルゲンの美しい街並みを表現しているんだとか。

 

街一丸となって毎年何かを作り上げているって、なんとなく素敵ですね^^

 

全体の大きさは、だいたい一般的な体育館の半分くらい。

もともと市民プールとして使っていた場所を借りて開催しているんだとか。

 

ジンジャーブレッドタウン潜入レポート

 

まずは受付を済ませます。

ノルウェーでは、ほとんどの支払いがキャッシュレスになっていますので、ここでもクレジットOK。

チケットもこんなに可愛いです^^

 

早速中に進んでいくと、ほのかに甘い香りが・・・!

室内は薄暗い青いあかりのみで、iPhoneでの撮影には少し苦戦しました^^;

 

引きで見るとこんな感じの空間。

 

よーく見ると、企業の広告のような旗もちらほら。

街に貢献しつつ、見てる方も嫌じゃない、いい広告手段だと思います^^

 

どれもすごく手が混んでるなあ〜

 

忍者・・・?

階段の上から、全体の景色も見渡せます。

山に住居が並んでいる感じがベルゲンの街並みをよく表していて、とても素敵。

 

展示場を抜けると、お土産コーナーが。

ジンジャーブレッドクッキーや、クリスマスソーダなどを購入することができます。

 

スクリーンにはこれまでの展示の歴史がプロジェクターで映し出されていました。

なんと、一度心無い誰かによって、一夜でジンジャーブレッドタウンが破壊されてしまったこともあるのだとか。

どれだけ心が病めばこの美しい展示を破壊できるのか・・・理解に苦しみます(_ _;)

 

 

その隣では、子供達に嬉しいアトラクションが。

巨大滑り台。

クリスマス前でテンションの高い子供達のエネルギーを発散するにはもってこいの場所です。

 

ちなみにお土産屋さんで実際に買ったジンジャーブレッドはこちら。

もう、固すぎてびっくり。

そんじょそこらの堅焼きせんべいよりも硬い。

前歯じゃ絶対噛めなかった・・・

本当のジンジャーブレッドクッキーはこんなんじゃないです(笑)

 

なにはともあれ、いい思い出になりました♫

 

まとめ

 

ベルゲンでは毎年恒例のジンジャーブレッドタウンの展示会。

クリスマスの季節にベルゲンにいく機会がある方は、ぜひチェックして見てください♫

大人だけでも十分に楽しめます!

 

子供から大人まで一緒になって街を盛り上げるために展示をする、

小さい街のベルゲンならではの心温まる展示会でした♫

 

詳しい情報は下記サイトから↓

Gingerbread Town(べルゲンの観光サイト)

Pepperkakebyen 公式Facebook

 

ちなみにサイトには予約のフォームがありますが、予約なしで全然入れる感じでした。(12月24日に行きました)

心配であれば、予約をして行ってもいいかもしれません。

 

1 のコメント

  1. ピンバック: 【2019年最新版】ベルゲン鉄道の旅レポートと予約時の注意点 | Learn With Me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です