こんにちは!

先日ノルウェー旅行に行った際、世界でもっとも美しい鉄道旅の一つと言われている、

ベルゲン鉄道に乗ってまいりました!

 

Kaho
ベルゲンからオスロまで約7時間の旅でしたが、

大変快適であっという間に時間がすぎてしまいました。

もっと乗っていたかった・・・!

 

なんと行っても車窓から見る美しい景色。

そして快適な車内。

北欧に旅行する機会があるひとみんなにおすすめしたいです。

 

今回はそんな素晴らしい鉄道旅の概要とレポート、予約時に注意すべき点をまとめてみました♫

是非旅の参考にしていただければと思います。

 

 

ベルゲン鉄道とは

 

ベルゲン鉄道は、NSB(ノルウェーの国鉄会社)が運営しています。

ノルウェーの首都であるオスロと、第二の首都ベルゲンを結ぶ列車です。

オスロからベルゲンまでの所要時間は、6時間30分~7時間30分程度です。

 

ベルゲン線とフロム線の鉄道路線図 Wikipediaより

By ChrisO – Demis Map Server (http://www2.demis.nl/mapserver/mapper.asp) data with additional annotations and modifications by self., パブリック・ドメイン, Link

 

その車窓からの景色の美しさから、 世界で最も美しい車窓風景のひとつとして紹介されること多いです。

 

 

 

乗車レポート

 

Kaho
今回私が乗ってみたレポートと感想、見えた景色などを画像つきでご紹介します♫

 

まずは朝7時半ごろベルゲン駅に到着。

12月の日の出は10時前だったので、まだ外は暗め。

 

Oslo S行きの電車ということを電光掲示板で確認して、乗車準備完了!

 

車掌さんみたいな人が、列車の番号を確認して案内してくれました。

ちなみに後述するオススメのコンフォートシートは、一番手前の車両。

後ろまで歩く必要ありません。

 

早速乗り込む。

おお!いい席!!

 

足も余裕で伸ばせます。(短い足ですが)

 

ちなみに隣の4人席はこんな感じ。

家族とかだといいですね!

知らない人とだと、少し気まずそう^^;

 

発車してしばらくすると、車掌さんが来て、 予約を確認する書類の提示を求められます。

 

始発から満席状態。

 

ちなみにこの手前の壁のような部分のこちら側には、共有スペースがありました。

ここでは自分の席と反対側の席の景色を楽しめるだけでなく、

コーヒーや紅茶を入れる機械が設置されていました!

7時間の乗車時間があるので、飲み放題は嬉しいです。

 

ちなみに有料だけど、軽食も頼める模様。

朝ごはんを車内で買って食べている人もいました。

注文は手元のメニューから、直接車掌さんに声をかけて買うみたいです。

日本のようにカートが来るわけではないので注意。

 

乗ってしばらくしたらもうこの景色。

 

Kaho
控えめに言って最高です。

 

 

母もうっとり。

 

途中駅も魅力的です!

次回は降りて観光してみたいな。

 

そうこうしているうちに、

あっという間にオスロ中央駅に到着!

終始快適な鉄道の旅でした♫

 

 

予約時の注意点

 

今後ベルゲン鉄道に乗る前に覚えておいて欲しい点をお伝えします。

・冬に乗るなら絶対朝イチ出発の電車を選ぼう!
・座席はコンフォートシートがおすすめ。
・座席選択は慎重に!
・出発時間よりもなるべく早めに乗り込もう。

 

冬に乗るなら絶対朝イチ出発の電車を選ぼう!

 

冬のノルウェーは、日の出が遅く、日の入りが早いです。

そのため、列車に乗る時間によってはせっかくの景色を全然楽しめないなんてこともあり得ます。

ベルゲンやオスロの日の出&日の入り時間はこちらのサイトで確認できます。

 

予定などがすでに入っている場合はしょうがないですが、

そうでない場合はなるべく景色の楽しめる時間帯の列車を予約するといいと思います。

時刻表はのPDFはこちら

 

座席はコンフォートシートがおすすめ。

 

予約時に座席を選ぶ際に、

通常のシートとファミリーシート、フォンフォートシートの3択があります。

 

ファミリーシートは近くにプレイルームが付いているので小さいお子さん連れにはこちらがおすすめですが、

大人だけの旅行の場合は、通常シートよりもコンフォートシートがおすすめです。

 

と言っても、通常のシートを見ていないため断言はできないのですが、

今回ノルウェー人のおすすめもありコンフォートシートを選んだ結果、大満足でした。

 

お値段はプラス100NOK(日本円で1200〜1300円くらい)で、

下記のようなお得な特典が!

 

・電源プラグ付きで携帯とか充電できる

・雑誌や新聞付き

・コーヒーとお茶飲み放題

・シート広い

・車両が手前のためベルゲンでもオスロでも改札に一番近い

・落ち着いた乗客が多い(ように感じた)

 

 

席を選ぶ際は、少し奮発してコンフォートを選びましょう♫

 

座席選択は慎重に!

 

予約時に座席が選べるのですが、この選択は慎重に行ってください。

長時間の旅ですので、 快適に窓の外の景色を楽しみたいですよね。

 

予約時にはこんな感じで席が選択できます。

 

個人的におすすめの席は、

❶視界に柱がない、進行方向を向いている、右側の席(3&4, 15&16, 23&24)

❷視界に柱がない、進行方向を向いている、左側の席(21&22, 33&34)

 

まず一番大事なのが、 座席横の窓に柱があるかどうか

柱があると、せっかくの景色は柱に邪魔されて十分楽しめません。

座席からの景色を十分楽しむために、柱が視界に入りそうな席は避けましょう。

(柱がある席しか残ってなかった場合は、共有スペースで景色&写真撮影が楽しめます)

 

次に、進行方向に向かって右側か左側かですが、

結果どちらの景色も十分美しいのが本音です。

なのでどっちになっても全然問題ないのですが、右側の方が少しだけ良い景色が多かったような・・・?

でもあんまり差はありません。

 

最後に、進行方向に向いているかどうか。

個人的には進行方向に向いている席の方が景色も見やすく、

乗り物酔いもしない気がしていますが、

これは個人の好みで良いでしょう。

 

列車には、出発時刻よりもなるべく早めに乗り込もう!

 

今回の列車の旅は出発が7:57だったので、駅には7:40くらいに着いて列車に乗り込みました。

その時は、もうほとんどの人が席に着いている状態でした。

 

席はもちろん指定席なのでそこは心配入りませんが、

問題は荷物を置くスペース。

 

よく新幹線などに付いている、スーツケースを置くスペースありますよね。

結構な広さなのですが、そこがすでにいっぱいになっていました。

 

そのため、仕方なく座席上のスペースにスーツケースを置くことに。

スペース的にはスーツケースを置くのに十分なのですが、

女二人の旅だったため、ひとつ20〜30kgのスーツケースを上の棚にあげるのがすごく大変でした^^;

 

次回乗ることがあれば、 30分以上早めに着いて、楽々荷物を置きたいなとおもいました。

 

 

終わりに

 

今回はベルゲン〜オスロの鉄道旅のレポートと、

予約時の注意点をご紹介しました。

 

まとめると、

 

・ノルウェーに行ったら絶対乗った方がいい

・景色も乗り心地も最高で7時間があっという間

・冬に行くなら始発便を

・席はコンフォートシートで、横に視界を妨げる柱がない座席を選ぶ

・荷物置き場確保のため、早めに乗車する

 

Kaho
みなさん快適な鉄道の旅ができますように!

 

ベルゲンの穴場スポット記事やオーロラツアーの記事も是非チェックして見てください♫

【2018年度版】世界一大きなジンジャーブレッドの街!ベルゲンに行くなら絶対訪れたい穴場観光スポット。

【2019年度最新版オーロラツアー】参加するな小グループツアー?それとも団体ツアー?トロムソの現地ツアーを徹底比較!

 

4 のコメント

  1. ピンバック: 【2019年度最新版】ベルゲン鉄道の簡単・確実な予約方法 | Learn With Me

  2. ピンバック: ファッション性と機能性を兼ね備えたソレル・カリブーのスノーブーツレビュー | Learn With Me

  3. はじめまして。

    今回7月に一人旅でオスロからミュールダールまで乗るのですが、
    コンフォートも一般車もほとんど空きがなく、
    取れた席が一般車の10号車ボックス席の通路側でした。。
    (コンフォートは柱で遮られる通路側が2席しか空いてなかったです。)
    柱で遮られてないのが救いですが、行く前からテンションがさがります。
    この状況でも乗る価値はありますでしょうか?

    MAKI
    1. はじめまして!
      一般車ボックス席の通路側ですか・・・
      もちろんベストな席とは言えませんが、それでも景色は十分楽しめると思います!
      もし見えにくかったり写真が撮りにくければ、共有スペースに移動すれば大丈夫かと思います。
      わたしも夏の景色を見てみたいです(^^*)良い旅を!

      英語が趣味のいるかちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です