英語学習に欠かせない英単語の暗記。

必要だとわかっていても、「量が多くて覚えるのが大変!」とか、「覚えてもすぐ忘れちゃう!」なんて人が多いのではないかと思います。なかなか進まない単語学習にしびれを切らして、モチベーションが下がってしまうこともよくありますよね。

 

でも実は、 大量の英単語を習得することは、そんなに難しいことではないのです。

また、効率のいい覚え方をすれば、 すぐに忘れてしまう悩みも簡単に解消できますよ。

心がけ次第で、今まで退屈だった単語学習が楽しくなって、学習成果も現れやすくなっていきます!

 

今回の記事では、

    • 英単語学習を効率的にするために必要な考え方
    • 英単語アプリを使った具体的な英単語の覚え方

を詳しく解説していきます。

 

この記事を読むと・・・

「覚えても忘れる」のストレスがなくなる
 忘却曲線をつかった「忘れない単語の覚え方」が学べる
 英単語アプリの効率的な活用方法がわかる
 短期間で大量の英単語を覚えられるようになる

 

この方法をつかって、わたし自身も英検1級やTOEIC965点を獲得しました。

資格試験のカギは単語力!

単語暗記のポイントを理解して、効率よく単語力を上げましょう!

 

基本の心構え①「覚えても忘れちゃう」は当たり前!

 

せっかく単語帳とにらめっこして覚えた英単語。なのにしばらく目にしなかったりすると、びっくりするくらい記憶に残っていない!なんてことは、英語学習者なら誰しも経験があるのではないでしょうか(^^;)

 

でも、これって実は普通のこと。人間は新しい知識を習得するために、古い使わない知識はどんどん脳の隅っこに追いやってしまう特性があるのです。

 

そのため、「あんなに頑張って覚えたのに忘れるなんて、わたしって英語に向いてない・・・」なんて落ち込むのは時間のムダ! 「覚えても忘れるもの」と割り切りましょう。

 

むしろ、意味の思い出せない単語に出くわしたら、「意味は忘れたけど、またこの単語に出会えた!ラッキー♫」くらいの気持ちで、何度でも覚え直しましょう。

 

「一回で覚えなきゃストレス」から自由になると、英語学習のモチベーションも保ちやすくなりますよ♫

 

基本の心構え②「忘却曲線」を知って復習の大切さを再認識しよう!

 

次の心構えはズバリ 「単語学習は復習が命」ということです。反復復習の大切さを、改めて確認しましょう。

 

そのために、有名な「エビングハウスの忘却曲線」をご紹介します。

 

ForgettingCurve.svg
By オリジナルのアップロード者は英語版ウィキペディアIcezさん – Originally from en.wikipedia; description page is/was here., パブリック・ドメイン, Link

 

この実験では、被験者にランダムな音節の言葉を覚えてもらい、それを定期的に思い出してもらいました。

結果は下記の通り。(表で言うと、赤い線を表しています)

20分後には、節約率が58%であった。

11時間後には、節約率が44%であった。

約9時間後には、節約率は35%であった。

1日後には、節約率が34%であった。

2日後には、節約率が27%であった。

6日後には、節約率が25%であった。

1ヶ月後には、節約率が21%であった。

 

イルカくん
は?節約率?なにそれ??

と言う方のために上記の結果をもっと2121簡単に言うと、こう言うこと。

 

1回覚えたことを20分後にもう一回覚えようとしたら、最初より58%少ない労力で覚えられた

11時間後に覚えようとしたら、最初より44%少ない労力で覚えられた。

約9時間後には、最初より35%少ない労力で覚えられた。

1日後には、最初より34%少ない労力で覚えられた。

2日後には、最初より27%少ない労力で覚えられた。

6日後には、最初より25%少ない労力で覚えられた。

1ヶ月後には、最初より21%少ない労力で覚えられた。

 

つまりなにが言いたいかと言うと、 「すぐ復習するほど、労力をかけずに覚え直せる」と言うこと。

言い換えると、一回単語を覚えてから次の復習までの時間が長いほど、最初と同じ労力で覚えなくてはいけないので、効率が悪いということです。

 

また、表からも読み取れる通り、しばらく毎日復習することで、緑の線のカーブが緩やかになっています。

これはつまり、 短期間で何度も復習すればするほど、再び覚える労力が減っていく=記憶として定着する、ということです。

 

このことから、 単語学習をしたら、アフターケアを必ずしてあげる必要があるということがわかります。

覚えたら覚えっぱなしにするのではなく、短期間のうちに何度も目を通すことで、効率良く英単語を覚えていけるのです。

英単語の勉強はアプリを使うのが圧倒的におすすめ

 

なぜアプリをおすすめするかというと、

  • 音声がすぐに聞けるから(CDとかだと、いちいち準備するのが面倒臭い)
  • 隙間時間にサクッとできるから(本を持ち歩くのは邪魔くさい)
  • ゲーム感覚で楽しんでできるから(ただ覚えるだけだと飽きてしまう)

 

アプリの種類に関しては、有料でも無料でも自分の好きなもので大丈夫です。

おすすめは「スタディサプリ」や「mikan」(どちらも無料)です。英検の単語であれば、「出る準パス単シリーズ」がおすすめ。(有料)

 

■スタディーサプリ

■mikan

■出る準パス単シリーズ

 

テストモードを使って効率良く学習しよう!

 

ここからは、私が実際に行なっている、ストレスフリーで英単語を覚えるためのおすすめのアプリの使い方をご紹介します。

 

おすすめの単語アプリの使い方
  1. 最初からテストモードを始める。
  2. 10問ほどの単語をテストして、間違いが1つでもあったら再挑戦。
  3. 間違いの数が0になるまでテストを繰り返す。
  4. 単語を覚えるというより、とにかく満点を目指す。
  5. 1日20〜30個くらい、毎日続ける。

 

単語アプリは最初からテストモードを使うと時短に!

 

英単語を覚えるとき、多くの人がまずは「単語モード」から始めるかと思います。でも、単語モードは時間がかかるし、楽しくないのでなかなか続けにくいです。

 

そこで、 最初から「テストモード」を使ってみましょう。

 

例えば、スタディーサポリだったらこのように4種類のテストモードがありますので、まずは「標準トレーニング」を選択。

 

 

そのあと、「単語カードで学習」ではなく、 いきなり「確認テスト」をします!

 

 

全問正解するまで確認テストを繰り返す!

 

多くのアプリでは、下記のようにゲーム感覚で単語学習できます。

スタディーサプリは制限時間もあるので、わりとアドレナリンが出て夢中になります(笑)

 

最初のテストでわからない単語があっても大丈夫!

 

 

 

10問全問正解するまで、「再チャレンジ」を繰り返しましょう。

 

 

このとき、「単語を覚えよう!」と意識する必要はありません。とにかく全問正解を目指してみてください。

そうすると、知らないうちに単語を覚えていることに気がつくと思います。これで、 暗記にかけるストレスがなくなり、短期間で多くの単語を覚えることができます。

 

まとめ

 

英語力アップの近道は、たくさんの単語を覚えること!!

英検やTOEICなどの資格試験を受ける際にも、英単語を知っているだけで大幅得点アップが見込めます。

 

そのためには・・・

  • 「英単語は覚えても忘れる」が当たり前だということを自覚する。
  • 忘れてしまうことに対するストレスが、学習意欲を阻害する要因になる。
  • 復習は、学習後すぐに行う。
  • 短い期間に何度も何度も復習することで、忘れにくさもアップする。
  • 単語学習はアプリがおすすめ。
  • アプリで学習する時は、「覚える」ことよりも「テストモードで全問正解する」ことを目指す。
  • そうすることで、ゲーム感覚で単語学習ができるのと、覚える時のストレスがグッと減る。

単語がなかなか覚えられなくて困っているという方は、是非試してみてください。

Practice makes perfect(継続は力なり)です♫

 

1 のコメント

  1. ピンバック: 【もう迷わない!】英検合格におすすめの教材は?持っておきたい3点セットを1級合格者が解説 | Learn With Me

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です